劉禹錫
c0169176_08275390.jpg

石頭城

 劉禹錫

山圍故國周遭在 潮打空城寂寞回 淮水東邊舊時月 夜深還過女牆來


石頭城

 劉禹錫

山は故國を圍り周遭として在り 潮は空城を打って寂寞として回る 淮水東邊舊時の月 夜深うして還た女牆を過ぎて來たる


古城をかこむ山々は今もまわりをめぐって、川浪は人かげもない城壁を打ち、ひっとしりとまた引き返す。秦淮の東にさし出た昔のままの月が、夜ふけてまた女牆を過ぎて来たる。


by mteisi | 2014-04-08 08:28 | 唐詩選七絶


<< 山家集418419420      去 >>