c0169176_07405870.jpg
シ はじめる・はじまる・はじめ

形声
もとの字は女に巳に作り、音符は巳。
巳は㠯で、耜の形。
のち神への祝詞を入れる器の口(さい)を加えた。
台は農耕の開始にあたって行う、
口を供えて神に祈り、
耜を祓い清める儀礼をいう。
農具は清めてから使用しないと、
秋に虫が発生して農作物を食べると考えられていた。
人の出生は作物の生産と対応するものと考えられ、
耜を清める儀礼が、
出産のあたって行う生子儀礼をしても行われ、
女子がム(耜の形)と口(サイ)とをもって、
出産の無事を祈ることを始という。

by mteisi | 2014-04-14 07:54 | 語源で遊ぶ


<< 杜牧      朝歌4月13日 >>