杜牧
c0169176_07565587.jpg

贈別

 杜牧

娉娉裊裊十三餘 荳蔲梢頭二月初 春風十里揚州路 巻上朱簾總不如


別れに贈る

 杜牧

娉娉裊裊たり十三の餘 荳蔲梢頭二月の初め 春風十里揚州の路 朱簾を巻き上ぐるは總べて如ず


年は十三を越えた美しさ、しなやかさ。二月の初め、梢に咲きそめた荳蔲の花か。春風十三里、揚州の街の、簾を捲きあげたどの家の女もかなわない。


by mteisi | 2014-04-14 07:57 | 唐詩選七絶


<< 山家集433434435      始 >>