杜牧
c0169176_07483326.jpg

泊秦淮

 杜牧

煙籠寒水月籠沙 夜泊秦淮近酒家 商女不知亡國恨 隔江猶唱後庭花


秦淮に泊って

 杜牧

煙は寒水を籠めて月は沙を籠む 夜秦淮に泊して酒家に近し 商女は知らず亡國の恨 江を隔てて猶唱う後庭花


霧は秋の川面に立ちこめ、月光が川砂を包む。この夜、秦淮の酒場近いあたりに舟を泊めた。歌妓は亡国の恨みを知るはずもなく、川越しに今も聞こえてくる後庭花の歌。


by mteisi | 2014-04-15 07:48 | 唐詩選七絶


<< 山家集446447448      囚 >>