蘇東坡
c0169176_08050900.jpg

夜泛西湖五絶其三

 蘇東坡

蒼龍已没牛斗横 東方芒角昇長庚 漁人收筒及未曉 船過惟有菰蒲聲


夜西湖に泛ぶ五絶其三

 蘇東坡

蒼龍已に没し牛斗横はる 東方芒角として長庚昇る 漁人筒を收めて未だ曉ならざるに及ぶ 船過ぎて惟だ菰蒲の聲有るのみ


蒼龍の星宿はすでに沈んでしまい、牛宿も斗宿も西にかたむいている。東の空には光の穂先を輝かせて、あけの明星が昇ってきた。漁夫たちは、夜が明けぬうちにと、急いで釣り道具をかたづけて、[櫓の音をしのばせて、漕ぎ]帰って行く。船が通りすぎるあたりから、菰や蒲がゆれ動く音だけが聞こえてくる。


by mteisi | 2014-05-16 08:07 | 七絶


<< 山家集479      史 >>