蘇東坡
c0169176_06562521.jpg

和文與可洋川園池三十首 横湖

 蘇東坡

貧看翠蓋擁紅粧 不覺湖邊一夜霜 巻却天機雲錦段 從敎匹練寫秋光


文與可の洋川園池三十首に和す 横湖

 蘇東坡

翠蓋の紅粧を擁するを貧り看て 覺えず湖邊一夜の霜 天機の雲錦段を巻却して 匹練をして秋光を寫さ敎むるに從せよ


あなたは、みどりの笠をさしかけてもらって立つ、紅化粧した美人を貪り見ていて、思わず湖のほとりに立ちつくして一夜を明かしてしまい、霜のおりるのにも気づかれないことだろう。天工の織り成せる雲溪・錦溪の産なる緞子の巻きおさめられたあとは、一匹のねりぎぬに思う存分、秋の陽光を写すにまかせておられるがよい。


by mteisi | 2014-05-27 06:56 | 七絶


<< 山家集490      報 >>