蘇東坡
c0169176_08010662.jpg

慈湖夾阻風

 蘇東坡

日輪亭午汗珠融 誰識南訛長養功 暴雨過雲聊一快 未妨明月却當空


慈湖夾にて風に阻まる

 蘇東坡

日輪亭午汗珠のごとく融く 誰か識らむ南訛長養の功 暴雨過雲聊か一快 未だ妨げず明月の却って空に當るを


この地でさえ、日輪がま南にかかると、珠のような汗がぽたぽたひっきりなしに落ちる。南方の文化を気長にそだてたかめるという苦労は、いかばかりであろうか。それでも夕立ち一過、雲の去ったときのすがすがしさは、ちょっとすばらしい。夜半、空高くかかる明月は、なんのさまたげもうけずかがやいている。


by mteisi | 2014-07-05 08:16 | 七絶


<< 西行 山家集525      去 >>