蘇東坡
c0169176_07515954.jpg

慈湖夾阻風

 蘇東坡

臥看落月横千丈 起喚清風得半帆 且竝水村攲側過 人閒何處不巉巖


慈湖夾にて風に阻まる

 蘇東坡

臥して看る落月の横千丈 起って清風を喚んで半帆を得たり 且つ水村に竝んで攲側して過ぐ 人閒何の處か巉巖ならざらむ


千丈のかわもにかたぶく月を、横になったままながめていると、[船頭たちは]もう起き出て、すがすがしい風をよびこんで帆の半ばをふくらますことができた。舟は、水辺の村落とまったく平行して傾いて走り過ぎる。この人間世界、どこといってけわしからぬところがあろうか。


by mteisi | 2014-07-06 08:06 | 七絶


<< 西行 山家集526      皿 >>