蘇東坡
c0169176_08221703.jpg

食茘支

 蘇東坡

蘿浮山下四時春 廬橘楊梅次第新 日噉茘支三百顆 不辭長作嶺南人


茘支を食ふ

 蘇東坡

蘿浮山下四時の春 廬橘楊梅次第に新なり 日に噉ふ茘支三百顆 辭せず長しへに嶺南の人と作るを


蘿浮山の山麓では、四時を通して春さながら。廬橘・楊梅と、つぎつぎに新鮮な果物が実る。[廬橘・楊梅のあと、茘支が熟すと、晋の王獻之の黄柑三百顆のように、]毎日、三百個ずつも茘枝が食べられる。これなら永久に嶺南の住民となって住みついてもかまわない。


by mteisi | 2014-07-07 08:22 | 七絶


<< 西行 山家集527      列 >>