裴迪
c0169176_08074067.jpg

茱茰沜

 裴迪

飄香亂椒桂 布葉間檀欒 雲日雖迴照 森沈猶自寒


茱茰沜

 裴迪

香を飄わせて椒桂を亂り 葉を布いて檀欒として間わる 雲日は迴照すと雖も 森沈として猶お自ら寒し


椒は香りを漂わせて桂の香りを乱し、椒は葉を広げて桂と交わっている。日や雲が照らしているとはいえ、森々として山の気は寒い。


by mteisi | 2014-09-08 08:22 | 五絶


<< 藤原定家      バイ >>