啓_c0169176_07542174.jpg

ケイ ひらく・はじめ・おしえる

会意
戸と口でケイ。
ケイは扉の中に祝禱の器である
サイを収めている形。
それを又(手)であけることを啓という。
祝禱は扉の中に秘匿して祈ることによって、
神の感応を求めうるものであり、
神の感応もそこに啓示として示される。

by mteisi | 2014-10-05 08:01 | 語源で遊ぶ


<< 王縉      朝歌10月4日 >>