拝_c0169176_07223841.jpg
ハイ ぬく・おがむ・うける

会意
手とはなからなる。
紹介の金文の字形は、
はなを手で摘む形。
はなを跪いて抜くことを拝という。
はなを摘む姿勢が坐跪の形に近く、
それで拝手の字になった。

by mteisi | 2014-10-06 07:30 | 語源で遊ぶ


<< 孟浩然      朝歌10月5日 >>