韋應物
c0169176_08215557.jpg

秋夜寄邱員外

 韋應物

懷君屬秋夜 散歩詠凉天 空山松子落 幽人應未眠 


君を懷うは秋夜に屬し 散歩して凉天に詠ず 空山松子落つ 幽人應に眠らざるべし


秋の夜に外に出て散歩をしては、涼天のもとで君を思う歌を詠う。人気のない山中で松かさの落ちる音がする。隠居の君も眠られずにこの音を聞いているのだろう。


by mteisi | 2014-11-28 08:37 | 五絶


<< 祝部成仲      亜 >>