儲光義
c0169176_08041672.jpg

江南曲

 儲光義

日暮長江裏 相邀歸渡頭 落花如有意 來去逐船流


日は暮るる長江の裏 相邀う渡頭に歸るを 落花にも意あるが如く 來去して船を逐うて流る


春の日が長江に暮れて行く。舟の渡し場には大勢の人がいて賑わっているだろう。落ちる花にも思いがあるように、舟を追いつ追われつ流れて行く。


by mteisi | 2014-12-05 08:18 | 五絶


<< 源具親      臼 >>