王安石
c0169176_07564383.jpg

題舫子

 王安石

愛此江邊好 留連至日斜 眠分黄犢草 坐占白鷗沙

此の江邊の好きを愛し 留連して日の斜なるに至る 眠るには黄犢と草を分ち 坐するには白鷗の沙を占む

水辺の風情が好きで、いつまでも楽しんで日の暮れるのも忘れる。子牛の食む草を敷いて眠り、鷗の遊ぶ砂の上に坐っている。


by mteisi | 2015-01-23 07:57 | 五絶


<< 大僧正行尊      圧 >>