老子第八章
老子第八章_c0169176_8251097.jpg
上善若水。水善利萬物而不争、處衆人之所悪、故幾於道。
居善地、心善淵、與善仁、言善信、正善治、事善能、動善時。
夫唯不争、故無无。
上善は水の如し。水は善く万物を利して争わず、衆人の悪(にく)む所に処(お)る、故に道に幾(ちか)し。
居は地を善しとし、心は淵を善しとし、与(まじわ)るは仁を善しとし、言は信を善しとし、正は治(ち)を善しとし、事は能を善しとし、動は時を善しとす。
by mteisi | 2015-02-24 08:26 | 老子2


<< 白河院御歌      旨 >>