老子第20章-2
c0169176_819382.jpg

衆人皆有餘、而我獨若遺。我愚人之心也哉。沌沌兮。俗人昭昭、我獨若昏。俗人察察、我獨悶悶。
澹兮、其若海。飂兮、若無止。
衆人皆有以、而我獨頑似鄙。我獨異於人、而貴食母。
 
 衆人は皆余りあり、而れども我れ独り遺(とぼ)しきが若し。我れは愚人の心なる哉、沌沌たり。
 俗人は昭昭たり、我れ独り昏たるが若し。俗人は察察たり、我れは独り悶悶たり。澹として、其れ海の若し。隆として、止まる無きが若し。
 衆人は皆以(もち)うる有り、而かれども我れ独り頑なにして鄙に似たり。我れ独り人に異なりて、食母を貴ぶ。
by mteisi | 2015-03-10 08:20 | 老子2


<< 朝歌3月10日      前太政大臣 >>