c0169176_822868.jpg

ゼン よい・ただしい
会意
もとの字は譱に作り、
羊と言二つからなる。
羊は神判にもちいる解タイとよばれる羊に似た神聖な羊。
言は祝詞や誓いの言葉を入れる器のサイと、
その上に辛(刑罰として入れ墨をするときの大きな針)を置き、
もし、誓約をまもらないときは、
この針で入れ墨の刑罰を受けますと誓う神への誓いの言葉。
両者が連れてきた神羊の血を社に注いで、
その神羊の様子をみて神判が下る。
by mteisi | 2015-03-26 08:14 | 語源で遊ぶ


<< 朝歌3月26日      老子第31章-1 >>