c0169176_7162129.jpg

コ まじない・まどわす・こびる
会意
蟲よ皿からなる。
字は蠱・巫蠱・媚蠱といわれる呪儀ををいう。
蠱法とは五月五日に百種の虫を一器の中に入れ、
相食らわしめ、最後に残った一匹が、
呪霊を持つとされた。
これをひそかに人に食わせるのである。
by mteisi | 2015-05-31 07:21 | 語源で遊ぶ


<< 朝歌5月31日      老子第66章-2 >>