萬葉集6
c0169176_7562359.jpg

反歌

山越乃 風乎時自見 寐夜不落 家在妹乎 懸而小竹樻

山越しの 風を時じみ 寐(ぬ)る夜おちず 家なる妹を かけて偲ひつ
by mteisi | 2015-07-09 08:01 | 萬葉集


<< 朝歌7月9日      危 >>