人気ブログランキング | 話題のタグを見る
荘子
荘子_c0169176_723693.jpg

楚之南有冥霊者、以五百歳爲春、五百歳爲秋、上古有大椿者、以八千歳爲春、八千歳爲秋、[此大年也]而彭祖乃今以久特聞、衆人匹之、不亦悲乎、湯之問棘也、是
己、

楚の南に冥霊なる者あり、五百歳を以て春と爲し五百歳を秋あきと爲し、上古に大椿なる者あり、八千歳以て春と爲し、八千歳を秋と爲す、[此れ大年なり]而るに彭祖は乃今(いま)久を以て特(ひと)り聞こえ、衆人これに匹(くら・比)ぶ、亦た悲なしからずや、湯の棘に問えることも、是れのみ。

楚の国の南方には冥霊という木があって、五百年のあいだが生長繁茂する春で、また五百年のあいだが落葉の秋である。大昔には大椿という木があって、八千年のあいだが生長繁茂する春で、また八千年のあいだが落葉の秋であった。(これが長い寿命である。)ところが、今や彭祖は[わずかに八千年を生きたというだけで]長寿者として大いに有名で、世間の人々は[長寿を語れば必ず]彭祖をひきあいに出す、何と悲しいことではないか。殷の湯王が賢臣の夏棘にたずねたことも、これに他ならない。
by mteisi | 2015-09-14 07:03 | 荘子


<< 車      朝歌9月13日 >>