荘子
荘子_c0169176_855099.jpg

養生主篇 第三

吾生也有涯、而知也无涯、殆已、已而爲知者殆而已矣、爲善无近名、爲惡无近刑、縁督以爲經、可以保身、可以全生、可以養親、可以盡年、

吾が生や涯あり、而して知や涯なし。涯あるを以て涯なきに随う、殆(あや)うき已(のみ)。已にして知を為す者は殆うきのみ。善を為さば刑に近づくことなからんや。督に縁りて以て経と為さば、以て身を保つべく、以て生を全うすべく、以て親を養うべく、以て年を尽くすべし。

われわれの生命は有限であるが、心の働きは無限である。有限の身で無限のことを追い求めるのは危ういことだ。それでいてなおあくせくと心を働かせる者は、身の破滅があるばかりだ。善いことにつとめれば名誉に近づくであろうし、悪いことにつとめれば刑罰に近づくであろう。[名誉も刑罰もわが身を滅ぼすもとである。だから善悪にとらわれない]中の立場に従ってそれを一定の拠りどころとしていくなら、わが身を安全に守ることができ、わが生涯を無事に過ごすことができ、わが肉体を養うことができ、わが一生をじゅうぶん長生きできるであろう。
by mteisi | 2015-12-10 08:06 | 荘子


<< 𢦏      朝歌12月9日 >>