萬葉集221
c0169176_8372980.jpg

c0169176_8373717.jpg

詠不盡山歌一首 并短歌
奈麻余美乃 甲斐乃國 打縁流 駿河能國与 己知其智乃 國之三中從 出立有 不盡能高嶺者 天雲毛 伊去波伐加利 飛鳥母 翔毛不上 燎火乎 雪以滅 落雪乎 火用消通都 言不得 名不知 雲母 座神香聞 石花海跡 名付而有毛 彼山之 堤有海曾 不盡河跡 人之渡毛 其山之 水乃當焉 日本之 山跡國乃 鎭十方 座祇可聞 實十方 成河有 不盡能高峯者 雖見不飽香聞
なまよみの 甲斐の國 打ち寄する 駿河の國と こちごちの 國のみ中ゆ 出で立てる 不盡の高嶺は 天雲も い行きはばかり 飛ぶ鳥も 飛びものぼらず もゆる火を 雪もて消ち ふる雪を 火もち消ちつつ 云ひも得ず 名づけも知らず くすしくも います神かも せの海と 名づけてあるも その山の つつめる海ぞ 不盡河と 人の渡るも 其の山の 水のたぎちぞ 日の本の 大和の國の 鎭とも います神かも 實とも なれる山かも 駿河なる 不盡の高嶺は 見れど飽かぬかも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-02-19 08:38 | 萬葉集


<< 句      荘子162 >>