荘子163
c0169176_14165223.jpg

一之三
奚假魯國、丘將引天下而與從之、常季曰、彼兀者也、而王先生、其與庸亦遠矣、若然者、其用心也、獨若之何

奚んぞ仮(ただ)に魯國のみならん。丘は将に天下を引きて与にこれに従わんとすと。
 常季曰わく、彼は兀者なるに、而も先生より王(まさ)れり。其の庸とも亦遠し。然の若き者は、其の心用うるや、独(そ)れこれ何如と

単に魯の国だけのことではない。わたしは天下の人々をひきつれて、みんなであの人についていきたいと思っている。
 常季はいった。「あの人は足切りの刑にあった片輪者なのに、先生よりもすぐれているとしますと、凡人よりはるかにすげれているわけです。このような人物では、その心の働かせかたはいったいどのようなものでしょうか。
by mteisi | 2016-02-20 14:25 | 荘子


<< 萬葉集222      朝歌2月19日 >>