萬葉集253
c0169176_723534.jpg

湯原王芳野作歌一首
芳野尒有 夏實之河乃 川余杼尒 鴨曾鳴成 山影尒之弖
吉野なる 夏實の河の 川よどに 鴨ぞ鳴くなる 山影にして
湯原王玉芳野作歌二首
秋津羽子 袖振妹乎 珠匣 奥尒念乎 見賜吾君
蜻蛉羽の 袖ふる妹を 玉くしげ 奥に思ふを 見たまへ吾が君

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-03-22 07:24 | 萬葉集


<< 高      荘子196 >>