荘子223
c0169176_7402380.jpg

三之五
莫知其始、莫知其終、彭祖得之、上及有虞、下及五伯、傅説得之、以相武丁、奄有天下、乗車騎箕尾、而比於列星、

其の始めを知る莫く、其の終わりを知る莫し。彭祖はこれを得て、上は有虞に及び、下は五伯に及ぶ。傅説はこれを得て、以て武丁を相け、天下を奄有し、東維に乗り箕尾に騎(またが)りて、列星に比ぶ(なら)。

生まれたときも死んだときもわからないほど長生きした。彭祖はこれを得たことによって上は有虞の舜の時代から下は春秋の五伯の時代までも長生きした。傅説はこれを得たことによって殷王の武丁の宰相となって世界を支配し、[死後には星の精となって]東維にのぼり箕や尾の星座にまたがって、多くの星の神と並ぶまでになった。
by mteisi | 2016-04-19 07:58 | 荘子


<< 萬葉集282      朝歌4月18日 >>