萬葉集282
c0169176_823577.jpg

c0169176_825330.jpg

同石田王卒之時山前王哀傷作歌一首
角障經 石村之道乎 朝不離 將歸人乃 念乍 通計萬口波 霍公鳥 鳴五月者 菖蒲 花橘乎 玉尒貫 蘰尒將爲登 九月能 四具礼能時者 黄葉乎 折插頭跡 延葛乃 不絶等念而 將通 君乎婆明日從 外可聞見牟
つのさはふ 磐余の道を 朝さらず ゆきけむ人の 思ひつつ 通ひけまくは 霍公鳥 鳴く五月には 菖蒲 花橘を 玉に貫き 蔓にせむと 九月の しぐれの時は 黄葉を 折りかざさむと はふ葛の いや遠長く 萬世に 絶えじと思ひて 通ひけむ 君をば明日ゆ よそにかも見む
 右一首或云柿本朝臣人麻呂作

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-04-19 08:22 | 萬葉集


<< 弟      荘子223 >>