荘子226
c0169176_7202410.jpg

四之三
吾猶守而告之、参日而後能外天下、已外天下矣、吾又守之、七日而後能外物、已外物矣、吾又守之、九日而後能外生、

吾れ猶お守りてこれに告げしに、参日して而る後に能く天下を外(わす)る。已に天下を外れたり、吾れ又たこれを守るに、七日にして而かる後能く物を外る。

わたしは、それでもなお慎重にして彼に告げたところ、三日たってから[彼は]この世界をわすれることができるようになった。この世界をわすれるようになったので、わたしはまた慎重に対していると、七日たってから[彼は]万物の存在をわすれることができるようになった。万物の存在をわすれることができるようになったので、わたしはまた慎重に対していると、、九日たってから[彼は]自分の生きているのを忘れることができるようになった。
by mteisi | 2016-04-22 07:21 | 荘子


<< 萬葉集285      朝歌4月21日 >>