荘子241
c0169176_7205686.jpg

五之十一
夫造化者、必以爲不祥之人、今一以天地爲大鑪、以造化爲大冶、悪乎往而不可哉、成然寐、蘧然覺、

夫の造化者は必ず以て不祥の人と為さん。今、一たび天地を以て大鑪と為し、造化を以て大冶と為す。悪くに往くとそて可ならざらんや。成然として寐ね、蘧然として覚めるんのみ。

あの造化者はきっとそれを不吉な人間と思うだろう。いま、かりに天地の広がりを大きな鑪と考え、造化のすぐれた鋳物師と見立てよう。どのように鋳られ、どんな形にされようと、何の悪いことがあろう。[死ぬというなら]のびのびと眠り、[生きるというなら]ぱっと目をさますまでだ。
by mteisi | 2016-05-07 07:42 | 荘子


<< 萬葉集299      朝歌5月6日 >>