萬葉集318
c0169176_719820.jpg

 右今案高市崗本宮後崗本宮二代二帝各有異焉。但偁崗本天皇未審其指。
額田王思近江天皇作歌一首
君待登 吾戀居者 我屋戸之 簾動之 秋風吹
君待つと 吾が戀ひをれば 吾がやどの 簾動かし 秋の風吹く
鏡王女作歌一首
風乎太尒 戀流波乏之 風小谷 將來登時待者 何香將嘆
風をだに 戀ふるはともし 風をだに 來むとし待たば 何か歎かむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-05-27 07:19 | 萬葉集


<< 呼      荘子260 >>