人気ブログランキング | 話題のタグを見る
荘子315
荘子315_c0169176_6513314.jpg

一之二十二
任其性命之情而已矣、吾所謂聰者、非謂其聞彼也、吾所謂明者、非謂其見彼也、自見而已矣、

其の性命の情に任ずるのみ。吾が謂わゆる聰とは、其の彼を聞くを謂うに非ざるなり。自ら聞くのみ。吾が謂わゆる明とは、其の彼を見るを謂う非ざるなり。自ら見るのみ。

その本ではなくて、その性命の自然なありかたにこそまかせることだ。私のいう耳がさといとは、あの音いろを聞き分けるようなことをいうのではなくて、自分の[内なる自然な呼び声]を聞きとることだ。私のいう目がさといとは、あの色を見分けるようなことをいうのではなくて、自分[の内なる自然な持ちまえ]を見ることだ。
by mteisi | 2016-07-21 06:52 | 荘子


<< 萬葉集373      朝歌7月20日 >>