荘子326
c0169176_754758.jpg

一之九
故純樸不殘、孰爲犠樽、白玉不毀、孰爲珪璋、道徳不廢、安取仁義、性情不離、安用禮樂、

故に純樸残われずんば、孰れか犠樽を爲らん。白玉毀たえずんば、孰れか珪璋を爲らん。道徳廃せずんば、安ぞ仁義を取らん。性情離れずんば、安ぞ礼楽を用いん。

だから、自然のままの樸をそこなうのでなければ、だえrにも祭儀の酒樽はつくれない。自然のままの白玉を傷つけるのでなければ、だれにも珪や璋はつくれない。真実の道徳がだめにならなければ、どうして仁義が必要になろう。本来の生まれつきや真情が失われなければ、どうして礼儀や音楽が必要になろう。
by mteisi | 2016-08-01 07:21 | 荘子


<< 萬葉集384      朝歌7月31日 >>