萬葉集390
c0169176_6501752.jpg

大神女郎贈大伴宿祢家持歌一首
狭夜中尒 友喚千鳥 物念跡 和備居時二 鳴乍本名
さ夜中に 友呼ぶ千鳥 物思ふと わび居る時に 鳴きつつもとな

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-08-07 06:55 | 萬葉集


<< 合      荘子332 >>