孔子70
孔子70_c0169176_7353865.jpg

廿二
子在陳曰、歸與歸與、吾黨子小子狂簡、斐然成章、不知所以裁之也、
子、陳に在して曰わく、帰らんか、帰らんか。吾が党の小子、狂簡、斐然として章を成す。これを裁する所以を知らざるなり。
先生は陳の国でいわれた、[帰ろうよ、帰ろうよ。うちの村の若ものたちは志しが大きく、美しい模様を織りなしてはいるが、どの様に裁断したらよいかわからないでいる。[帰ってわたしが指導しよう。]」

廿三
子曰、伯夷叔齊、不念𦾔悪、怨是用希、
子の曰わく、伯夷・叔斉、旧悪を念わず。怨み是を用て希なり。
先生がいわれた、「伯夷と叔斉は、[清廉で悪事をにくんだ人だが]古い悪事をいつまでも心にとめなかった。だから怨まれることも少なかった。」
by mteisi | 2016-10-17 07:50 | 孔子


<< 萬葉集461      朝歌10月16日 >>