孔子73
孔子73_c0169176_7164430.jpg

廿七
子曰、已矣乎、吾未見能見其過、而内自訟者也、
子の曰わく、已んぬるかな。吾れ未だ能く其の過ちを見て内に自ら訟むる者を見ざるなり。
先生がいわれた、「もうおしまいだなあ。自分の過失を認めてわれとわが心に責めつことのできる人を、わたしは見たことがない。」

廿八
子曰、十室之邑、必有忠信如丘者焉、不如丘之好學也、
子の曰わく、十室の邑、必らず忠信、丘が如き者あらん。丘の学を好むに如かざるなり。
先生がいわれた、「十軒ばかりの村里にも、丘(わたくし)ぐらいの忠信の人はきっといるだろう。丘の学問好きにはおよばない[だけだ]。」
by mteisi | 2016-10-20 07:17 | 孔子


<< 萬葉集464      朝歌10月19日 >>