隣_c0169176_6583669.jpg

リン となり・ならぶ・むら
会意
篆文は鄰であるが、
旧字は隣。
階段の阝・フと粦からなる。
粦は人牲を用いて、
鬼火を発することをいう。
阝は神の陟降する神梯の形。
隣とは人牲を用いる聖所の意であろう。
粦は大と舛からなる。
大は人の正面形。
舛は両足を外に向かって開いた形。
大の上下に小点をくわえるのは、
血の淋漓(ほとばしる)たる様。
by mteisi | 2016-10-21 07:14 | 語源で遊ぶ


<< 朝歌10月21日      萬葉集465 >>