孔子81
孔子81_c0169176_7352797.jpg

十三
子謂子夏曰、女爲君子儒、無爲小人儒、
子、子夏に謂いて曰わく、女、君子の儒と為れ。小人の儒と為ること無かれ。
先生が子夏に向かっていわれた、「お前は君子としての学者になりなさい。小人の学者にはならないように。」

十四
子游爲武城宰、子曰、女得人焉耳乎、曰、有澹臺滅明者、行不由徑、非公事、未嘗至於偃之室也、
子游、武城の宰たり。子の曰わく、女、人を得たりや。曰わく、澹台滅明なる者あり、行くところ径に由らず、公事に非ざれば未だ嘗て偃の室に至らざるなり。
子游が武陵(山東省費県南西)の(とりしまり)となった。先生が「お前、人物は得られただろうか。」といわれると、答えた。「澹台滅明という者がおります。歩くには近みちをとらず、公務でないかぎりは決して偃(長官であるわたくし)の部屋にはやってきません。」
by mteisi | 2016-10-28 07:55 | 孔子


<< 萬葉集472      朝歌10月27日 >>