孔子82
c0169176_761421.jpg

十五
子曰、孟之反不伐、奔而殿、將入門、策其馬曰、非敢後也、馬不進也、
子の曰わく、孟子反、伐らず、奔って殿たり。将に門に入らんとす。其の馬に策って曰わく、敢えて後れたるに非ず、馬進まざるなり。
先生がいわれた、「孟子反は功を誇らない。敗走してしんがりをつとめたが、いよいよ[自国の]城門に入ろうとしたとき、その馬をむちでたたいて『後手をつとめようとしたわけではない。馬が走らなかったのだ。』といった。」

十六
子曰、不有祝■(魚它・だ)之佞、而有宋朝之美、難乎、免於今之世矣、
子の曰わく、祝だの佞あらずして宋朝の美あるは、難いかな、今の世に免れんこと。
先生がいわれた、「祝だのような弁説がなくて宋朝のような美貌があるだけなら、むつかしいことだよ、今の時世を無事におくるのは。」
by mteisi | 2016-10-29 07:21 | 孔子


<< 萬葉集473      朝歌10月28日 >>