孔子208
c0169176_15122074.jpg

十六
葉公問政、子曰、近者説、遠者來、
葉公、政を問う、子の曰わく、近き者説ぎ遠き者来たる。
葉公が政治のことをたずねた。先生はいわれた、「近くの人々は悦び、遠くの人々は[それを聞いて慕って]やってくるように。」

十七
子夏爲莒父宰、問政、子曰、毋欲速、毋見小利、欲速則不達、見小利則大事不成、
子夏、莒父び宰と為りて、政を問う。子の曰わく、速かならんと欲すること毋かれ。小利を見ること毋かれ。速かならんと欲すれば則ち達っせず。小を見れば則ち大事成らず。
子夏が[魯の町]莒父の宰[とりしまり]となって政治のことをおたずねした。先生はいわれた、「早く成果をあげたいと思うな。小利にとらわれるな。早く成果をあげたいと思うと成功しない。小利に気をとられると大事はとげられない。」
by mteisi | 2017-03-04 08:08 | 孔子


<< 萬葉集597      朝歌3月3日 >>