萬葉集597
萬葉集597_c0169176_89027.jpg

帥大伴卿和歌一首
八隅知之 吾大王乃 御食國者 日本毛此間毛 同登曾念
やすみしし 吾が大君の をす國は 大和もここも 同じとぞ思ふ

冬十一月、大宰官人等、奉拜香椎廟訖退歸之時、馬駐于香椎浦各述懐作歌。
帥大伴卿歌一首
去來兒等 香椎乃滷尒 白妙之 袖左倍所沾而 朝菜採手六
いざ子ども 白たへの 袖さへぬれて 朝菜摘みてむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-03-04 08:19 | 萬葉集


<< 喪      孔子208 >>