c0169176_819453.jpg

ソウ しぬ・も・うしなう・ほろぼす
会意
哭と亡からなる。
哭は祝禱を収める器の口(さい)を二つ並べ、
犬牲を供えて哀哭する意。
亡は死者の形。
喪葬の際、
サイを並べ犬牲を供えて死者に対して、
哀哭することをいう。
by mteisi | 2017-03-04 08:24 | 語源で遊ぶ


<< 朝歌3月4日      萬葉集597 >>