萬葉集639
c0169176_7433890.jpg

反歌一首
大埼乃 神之小濵者 雖小 百船純毛 過迹云莫國
大崎の 神の小濵は ちひさけど 百船人も 過ぐといはなくに

秋八月廿日宴右大臣橘家歌四首
長門有 奥津借嶋 奥眞經而 吾念君者 千歳尒母我毛
長門なる 沖つ借島 奥まへて 吾が思ふ君は 千歳にもがも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-15 07:49 | 萬葉集


<< 升      孔子249 >>