萬葉集
c0169176_8511924.jpg

大伴宿祢家持作歌一首
田跡河之 瀧乎清美香 從古 宮仕兼 多藝乃野上尒 
田跡河の 瀧を清みか 古ゆ 宮仕へけむ 多藝の野の上に
不破行宮大伴宿祢家持作歌一首
關無者 還尒谷藻 打行而 妹之手枕 巻手宿益尒
關無くは かへりにだにも うち行きて 妹が手枕 まきてねましを

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-24 08:51 | 萬葉集


<< 害      孔子258 >>