孔子267
c0169176_74417100.jpg

廿六
子曰、吾猶及史之闕文也、有間者借人乘之、今則忘矣夫、
子の曰わく、吾れは猶お史の文を闕き、馬ある者は人に借してこれに乗らしむるに及べり、今は則ち亡きかな。
先生がいわれた、「記録官が[慎重で]疑わしいことは書かずにあけておき、馬を持つ者が人に貸して乗せてやるというのが、まだわたしの若いころにはあった。今ではもうなくなってしまったよ。」

廿七
子曰、巧言亂徳、小不忍、則亂大謀、
子の曰わく、巧言は徳を乱る。小、忍びざれば、則ち大謀を乱る。
先生がいわれた、「ことば上手は徳を害する。小さいことばにがまんしないと大計画を害する。

廿八
子曰、衆惡之必察焉、衆好之必察焉、
子の曰わく、衆これを悪むも必ず察し、衆これを好むも必ず察す。
先生がいわれた、「大勢が憎むときも必ず調べてみるし、大勢が好むときにも必ず調べてみる。[盲従はしない。」
by mteisi | 2017-05-03 08:09 | 孔子


<< 萬葉集657      朝歌5月2日 >>