孔子275
c0169176_7535762.jpg

季氏第十六
一之一
季氏將伐顓臾、冉有季路見於孔子曰、季氏將有事於顓臾、孔子曰、求、無乃爾是過與、夫顓臾、昔者先王以爲東蒙王、且在邦域之中矣、
季氏、将に顓臾を伐たんとす。冉有・季路、孔子に見えて曰わく、季氏、将に顓臾に事あらんとす。孔子の曰わく、求よ、乃ち爾是れ過てること無からんや。夫れ顓臾は、昔者先王以て東蒙の主と為し、且つ邦域の中に在り。
[魯の]季氏が顓臾の国をを攻め取ろうとしていた。[季氏に仕えていた]冉有と季路(子路)とが孔子にお目にかかって、[季氏が顓臾に対して事を起こそうとしています。」と申しあげた。孔子はいわれた、「求(冉有)よ。もしやお前がまちがっているのじゃないだろうか。(賛成したりすすめたりしているのではないか。)そもそも顓臾の国は、むかし天子が東蒙の山の祭の主催者と定めていた[由緒の正しい国がらである]うえに、[魯の属国として同じ]国境の中にあるのだから、
by mteisi | 2017-05-11 07:54 | 孔子


<< 萬葉665      朝歌5月10日 >>