萬葉集699
c0169176_7312719.jpg

詠井
隕田寸津 走井水之 清有吾者 去不勝可聞
落ちたぎつ 走井水の 清くあれば おきては吾は ゆきかてぬかも
安志妣成 榮之君之 石井之水者 雖飮不飽鴨 
馬酔木なす 榮し君之 穿りし井の 石井の水は 飲めどあかぬかも
 
澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-06-14 07:31 | 萬葉集


<< 亘      孔子309 >>