孔子311
c0169176_7311086.jpg

十七
子曰、巧言令色、鮮矣仁、
子の曰わく、巧言令色、鮮なし仁。
先生がいわれた、「ことば上手の顔よしでは、ほとんど無いものだよ、仁の徳は。

十八
子曰、惡紫之奪朱也、惡鄭聲之亂雅楽也、惡利口之覆邦家、
子の曰わく、紫の朱を奪うを惡む。鄭声の雅楽を乱るを惡む。利口の邦家が覆すを惡む。
先生がいわれた、「[間色である]紫が[正色である]赤を圧倒するのが憎い。鄭の国の[みだらな]音曲が[正統な]雅楽を乱すのが憎い。口だっしゃなものが国家をひっくりかえすのが憎い。」
by mteisi | 2017-06-16 07:42 | 孔子


<< 萬葉集701      朝歌6月15日 >>