孔子321
c0169176_7273268.jpg


齊景公待孔子曰、若季氏則吾不能、以季孟之間待之、曰、吾老矣、不能用也、孔子行、
斉の景公、孔子を待つに曰わく、季氏の若きは則ち吾れ能わず。季孟の間を以てこれを待たん。曰わく、吾れ老いたり、用うること能わざるなり。孔子行る。
斉の景公が孔子を待遇するについて、「[魯の上卿である]季氏のようには、できないが、季氏と[下卿]の孟氏との中間ぐらいで待遇しよう。」といったが、[やがてまた]「わたしも年をとった。用いることはできない。」といった。孔子は[斉から]旅立たれた。


齊人婦女樂、季桓子受之、三日不朝、孔子行、
斉人、女楽を帰る。季桓子これを受く。三日朝せず。孔子行る。
斉の人が女優の歌舞団を[魯に]贈ってきた。季桓子はそれを受けて三日も朝庭に出なかった。孔子は[魯の政治に失望して]旅立たれた。
by mteisi | 2017-06-26 07:28 | 孔子


<< 萬葉集711      朝歌6月25日 >>