詩経2
詩経2_c0169176_80289.jpg

其三
求之不得  之を求めて得ざれば
寤寐思服  寤寐に思服す
悠哉悠哉  悠なる哉 悠なる哉
輾轉反側  輾転反側す
求めても得ねば
思いの明け暮れに 
あわれ あわれ
夜もすがら寝返りする

其四
参差荇采  参差たる荇菜は
左右采之  左右に之を采る
窈窕淑女  窈窕たる淑女
琴瑟友之  琴瑟もて之を友(いつく)しまむ
長き短き水辺の荇菜は
右や左に采りもてゆく
たおやかのよき乙女は
琴瑟をひいて友しもう

其五
參差荇采  参差たる荇菜は
左右芼之  左右に之を芼(えら)ぶ
窈窕淑女  窈窕たる淑女は
鐘鼓樂之  鐘鼓もて之を楽しまさむ
長き短き水辺の荇菜は
左に右に芼び采る
たおやかのよき乙女は
鐘鼓奏でて楽しまそう
by mteisi | 2017-08-08 08:19 | 詩経


<< 萬葉集764      朝歌8月7日 >>