萬葉集776
c0169176_7345080.jpg

公爲 手力勞 織在衣服叙 春去 何々 摺者吉
君が爲 手力つかれ 織れる衣服そ 春さらば いかにかいかに 摺りてよばけむ
橋立 倉椅山 立白雲 見欲 我爲苗 立てる白雲
橋立の 倉椅山 立てる白雲 見まくほり 我するなへに 立てる白雲

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-08-30 07:35 | 萬葉集


<< 甘      詩経24 >>